看護師として医療の現場を見てきました。
ケアマネとして厳しい介護の現状を痛感しました。
妻として夫の最期を家で看取りました。
 
そして、どうしても、科学だけでは解決できない問題があることに気づいたのです。
だから、僧侶として人の「魂(スピリチュアル)」を看ていきたいと思いました。
 
医療側と患者側のギャップ。
“からだの治療”と“こころのケア”のアンバランス。
“死に逝く人”と“死を知らぬ看取る人”の葛藤。
持ちだすだけで疲弊していく家族、医療・福祉従事者の苦悩。
 
これらの問題を紐解くには、〈魂(スピリチュアル)〉と〈科学〉を合わせた視点で
「生老病死」「家族」「医療・介護」「地域社会」のつながりを捉えていくことが必要だと思いました。
 
慈愛に満ち満ちた大きな流れを。そして、それを次の世代に。
それが、私の使命だと思っています。

玉置妙憂
  

看護師・僧侶
玉置 妙憂(たまおき・みょうゆう)

看護師・僧侶・スピリチュアルケア師・ケアマネ-ジャー・看護教員
東京都中野区生まれ。専修大学法学部卒業。
その後、看護師、看護教員の免許を取得。
夫の“自然死”という死にざまがあまりに美しかったことから開眼し出家。
高野山にて修業をつみ高野山真言宗僧侶となる。
現在は、現役の看護師としてクリニックに勤めるかたわら、
院外では、非営利一般社団法人大慈学苑代表として活動している。

 

看護師・僧侶
玉置 妙憂(たまおき・みょうゆう)
 
看護師・僧侶・スピリチュアルケア師・ケアマネ-ジャー・看護教員
東京都中野区生まれ。専修大学法学部卒業。その後、看護師、看護教員の免許を取得。
夫の“自然死”という死にざまがあまりに美しかったことから開眼し出家。高野山にて修業をつみ高野山真言宗僧侶となる。
現在は、現役の看護師としてクリニックに勤めるかたわら、院外では、非営利一般社団法人大慈学苑代表として活動している。
 
 

●大慈学苑の説明会を開催します

日程:5月30日(木)、6月7日(金)、6月25日(火)

大慈学苑は、在宅で療養中の方とそのご家族の“心”を支えます。
台北の大悲学苑では2000年から訪問スピリチュアルケアが実施され、クオリティ・オブ・
デス(死の質)世界調査でアジア1位になるという実績を上げています。最期まで穏やか
で、静かな時間を過ごすためには、身体をケアする医療と、もうひとつ、心のケアがどう
しても必要です。
玉置妙憂は2015年から台北に通い詰めその技術と仕組みを学び、今年、ようやく日本で『
大慈学苑』を設立する運びとなりました。2040年には166万人が亡くなるこれからの多死
時代に備えて、『大慈学苑』はスタートします。
 
月日:5月30日(木)、6月7日(金)、6月25日(火)
時間:18:00~19:00
場所:未定
参加申込:当日直接会場にお越しください。
参加費:無料
 

 
 
 

●大慈学苑はクラウドファンティングをはじめましたここをクリック 

 
 

 クローズアップ現代+(NHK総合

「死にざま指南 看護師僧侶が説く」
2019年4月17日放送)
 
自宅で最期を迎えたいと望んでも、実際には多くの人が病院で亡くなる日本。今、自然な最期を迎える方法を説く女性が共感を集めている。看護師であり僧侶でもある玉置妙憂さん(53)。夫を看取った体験から臨床宗教師となり、死の間際、肉体と心に起きる変化の詳細や自宅での看取りに必要な準備などを指南している。さらに、アジアで「死の質・ QOD」が最も高いとされる先進地・台湾を取材。死は敗北ではないと語る玉置さんと、死にゆく人に寄り添うために何が必要かを考える。
 


    

 


ハルメクWeb

「フロントランナー〜看取りの技法 全国に広める〜」
(2019年4月13日掲載)

 

東洋経済ONLINE

「大切な人の最期を「看取る人」に必要な心掛け
亡くなる約3カ月前から起きる意外な出来事」
2019130日掲載)

 

週刊女性PRIME

「がんの夫を看取って僧侶の道へ進んだ看護師
『仏教を医療の現場に生かしたい』」
2018109日号掲載)

 

 
 

 

1.死にゆく人の心に寄りそう
  ~死の間際、人の体と心はどう変わるのか?~

2.現役看護師の女性僧侶が語る、
平穏で幸福な死を迎える方法と、
残される家族に必要な心の準備。

3. 「自然死」で看取るということ
  ~生き方、逝き方にむきあう~

4.まずは、あなたのコップを満たしましょう
  ~看護とスピリチュアルケア~

5.高齢者医療、看護における倫理的問題
  ~看護とスピリチュアルケア~

6.イライラ、悲しみ、後悔……負の感情との付き合い方

7.心の整え方~上手に前を向く方法~

8. 簡単心の免疫力アップ法~セルフケア力をつける~

9.ケアする人の心のケア

など


株式会社アスコム (担当:斎藤)

〒105-0003
東京都港区西新橋2丁目23番地1  3東洋海事ビル8F
電話:03-5425-8223 FAX:03-5425-6759
メール:kouen※ascom-inc.jp
(※を@に直してください)

 
 

定価:760円+税
著者:玉置妙憂
発売:20191
発行:光文社

 

「死にゆく人の心に寄りそう 医療と宗教の間のケア」

 
<目次>
第1章 死に向かうとき、体と心はどう変わるのか
 
第2章 看護師の私が僧侶になったわけ
 
第3章 死にゆく人の心に寄り添う
 
第4章 生きていく人の心に寄り添う
 
第5章 医療と宗教が交わる場
 
     
 
 

定価:1200円+税
著者:玉置妙憂
発売:20191
発行:大和出版

 

「困ったら、やめる。迷ったら、離れる。―「自分の軸」がある生き方のヒント」

 
<目次>
第1章 人付き合いは、風に吹かれる柳のように―「如実知自心」
    (あなたも、あの人も、移ろいやすい生き物です;
    仮想の人間関係に悩む必要はありません ほか)
 
第2章 心の不安をスーッと鎮める―「自灯明」
    (その不安は、あなた自身が作り出しているのかもしれません;
    不安という状況に浸かっていませんか? ほか)
 
第3章 悲しみも苦しみもやがては過ぎ去る―「諸行無常」
    (思いどおりになっていない時、悲しみや苦しみが生まれます;
    深刻な病にかかっても、すべてが終わりではありません ほか)
 
第4章 いつも迷わない自分であるために―「観自在」
    (今生に生まれてきたテーマ。それが「カルマ」です;
    人生は修行の場。カルマ探しの旅をしましょう ほか)
 
    
 
 

定価:1100円+税
著者:玉置妙憂
発売:20186
発行:飛鳥新社

 

「まずは、あなたのコップを満たしましょう」

 
<目次>
第1章 自分の心をうまく整える
    (まずは、あなたのコップを満たしましょう/
    この世で一番効くお薬は、時間ぐすり、日にちぐすり。 ほか)
 
第2章 人と上手につきあう
    (人生という火を燃やす。それができるのは、あなただけ。/
    他人様の悩みは、解決してあげなくてだいじょうぶ。 ほか)/
    余話 最愛の家族を「自然死」で看取るということ
           (たとえ「看護師失格」と思われようとも…/
    真夜中に起きた、摩訶不思議なできごと ほか)
 
第3章 あわてずに将来へ備える
    (肉体は滅びても、魂は自由になる。/
    あわてないで。最後はすべてが、うまくいきます。 ほか)
 
第4章 きれいに後始末をする
    (お医者さんだって、神頼みしていますよ。/
    あなただけの「幸せのものさし」は何ですか? ほか)
 
    
  

 
定価: 760円+税
著者:玉置妙憂
発売: 20191
発行:光文社
 

 
 

 

「死にゆく人の心に寄りそう 医療と宗教の間のケア」

 
<目次>
第1章 死に向かうとき、体と心はどう変わるのか
 
第2章 看護師の私が僧侶になったわけ
 
第3章 死にゆく人の心に寄り添う
 
第4章 生きていく人の心に寄り添う
 
第5章 医療と宗教が交わる場

 

 
定価: 1200円+税
著者:玉置妙憂
発売: 20191
発行:大和出版
 

 
 

 

「困ったら、やめる。迷ったら、離れる。―「自分の軸」がある生き方のヒント」

 
<目次>
第1章 人付き合いは、風に吹かれる柳のように―「如実知自心」
(あなたも、あの人も、移ろいやすい生き物です;仮想の人間関係に悩む必要はありません ほか)
第2章 心の不安をスーッと鎮める―「自灯明」
(その不安は、あなた自身が作り出しているのかもしれません;不安という状況に浸かっていませんか? ほか)
第3章 悲しみも苦しみもやがては過ぎ去る―「諸行無常」
(思いどおりになっていない時、悲しみや苦しみが生まれます;深刻な病にかかっても、すべてが終わりではありません ほか)
第4章 いつも迷わない自分であるために―「観自在」
(今生に生まれてきたテーマ。それが「カルマ」です;人生は修行の場。カルマ探しの旅をしましょう ほか)

 
 
 

 
定価: 1100円+税
著者:玉置妙憂
発売: 20186
発行:飛鳥新社
 

 

 
 

「まずは、あなたのコップを満たしましょう」

 
<目次>
第1章 自分の心をうまく整える
(まずは、あなたのコップを満たしましょう/この世で一番効くお薬は、時間ぐすり、日にちぐすり。 ほか)
第2章 人と上手につきあう
(人生という火を燃やす。それができるのは、あなただけ。/他人様の悩みは、解決してあげなくてだいじょうぶ。 ほか)/余話 最愛の家族を「自然死」で看取るということ(たとえ「看護師失格」と思われようとも…/真夜中に起きた、摩訶不思議なできごと ほか)
第3章 あわてずに将来へ備える
(肉体は滅びても、魂は自由になる。/あわてないで。最後はすべてが、うまくいきます。 ほか)
第4章 きれいに後始末をする
(お医者さんだって、神頼みしていますよ。/あなただけの「幸せのものさし」は何ですか? ほか)

 
 

 玉置妙憂の最新情報、セミナーや説明会、メディア出演等のご案内をメールでお届けします。
メールアドレスのご登録は無料です。


 

※メールの受信にあたりドメイン設定をしている方は、「@ascom-inc.jp」からのメールが届くように設定をしてくださ